<?php the_title(); ?>

時代と共に家出掲示板がどんどん新しい形になっています

かつては隆盛を極めたいわゆる「出会い系サイト」も、最近ではその影が少々薄くなってきている印象も正直ありますが、しかし実際には、ネット上で男女が出会いを求めなくなってしまったというわけではありません。

では、あれだけ盛んに宣伝され、活動していた出会い系サイトはどうしてこんなに静かになってしまったのかというと、最近ではやはり「SNSサイト」のほうにその役目を譲っているというのが実際のところです。

出会い系サイトの場合、やはり「サクラ」をはじめとした悪徳行為が横行してしまうというところで、自らその成長をとどめてしまっているという印象も正直ありますが、実際には出会い系サイトだとよほどうまくいかない限り採算が合わないというのが運営者側の本音であり、これを成功させるために努力するよりは、別の方法に鞍替えするためにサイトをたたんでしまうというサイト運営者も多いようです。

iede_1それが、近年の出会い系サイトが低調になってきている最大の原因ということになるでしょう。

また、一般的な出会い系サイトに代わって、より専門性の高い「不倫サイト」や「セフレサイト」などがひところ人気を集めました。

そして、中でも斬新な発想で多くの男性のこころをつかんだのが、いわゆる「家出掲示板」でした。

しかし、この「家出掲示板」に関しても、やはり最近ではひところのような人気は影を潜めているというのが正直なところです。

そして、その原因も、「出会い系サイト」と同様、単独の「サイト」という形でユーザーを募る形から、ユーザー同士がコミュニティを広げていく形の「SNSサイト」として展開しているケースが多くなってきているからです。

家出掲示板をSNS化することのメリットは、男性の側にも女性の側にもあります。

男性の側からすれば、無料で利用することができる場合が多くなることと、サクラが少なくなることがその代表的なメリットとして挙げることができます。

また、女性の側のメリットとしては、やはり、よりリアルタイムでその晩泊めてくれる相手を探すことができるという点で、非常に利便性が高いということが挙げられます。

終電を逃してしまったというタイミングでは、こんなに便利なサイトはない・・・という発想で、多くの若い女の子が、SNS版の家出掲示板を利用することになってきているのです。

これらのことからもわかるように、家出掲示板もどんどん新しい形へと姿を変えていっているというのが現状です。

家出掲示板なるものは存在しない?

家出掲示板をはじめとして、特に男性にとってはセンセーショナルなサイトが数多く出回るようになってきました。そこで行われるのがどんなことかというと、いわゆる「神待ち」という行動です。

そのため、「家出サイト」とか「神待ちサイト」などとも呼ばれることがあります。いずれにしても、「家出掲示板」をちょっと検索にかけてみると、非常に多くのサイトがヒットします。

ただ、そのすべてが実際に掲示板になっているのかというと、これは大きな間違いです。

また、実際に掲示板のような形式をとっているサイトであったとしても、その多くが、「リアルに女の子が利用しているサイトではない」という実情がそこにはあります。

もちろん、ほんとうに家出をしたり、あるいは家出とはそれほど無関係に、お小遣いをくれる「神」を待っている女の子がいないわけではありませんが、そうした女の子たちが必ずしも家出掲示板を利用して神待ち行為を行っているというわけではないのです。

では、そうした女の子がいったいどんなサイトを利用しているのかというと、これはやはり「従来型の出会い系サイト」になります。

その理由は何かというと、家出掲示板の危険性がテレビの報道番組で報道されたりしているという側面が少なからず影響しているのです。

女の子の考え方はかなり短絡的なのですが、確かにああいった報道を見てしまうと、危険なのは「神待ちサイト」や「家出掲示板」のほうであって、神待ち行為それ自体ではないという印象も与えられなくはないというのが実際のところです。

ですから女の子たちは、「危険なサイトを利用しないで神待ち行為をする」という、まったくもって本末転倒な思考に至ることになるのです。

そしてまた、古くから存在していた「出会い系サイト」のほうが女の子にとっては利用しやすいという側面もあります。要するに「使い慣れている」というメリットが女の子にとっては大きいのです。

ですから、神待ち行為をしたいときには、家出サイトを利用せずに、従来型の出会い系サイトのほうを利用しようという単純明快な発想に至るのです。

ですから、一見センセーショナルな「家出サイト」ですが、男性からすると、実はそれほど大きな魅力がない可能性もあると言えてしまうことになります。

もちろん、神待ちをしている女の子がまったくいないということはないですが、確率的にはそんなに高くはないのではないか・・・という考え方も、近年では主流になりつつあるのです。

家出掲示板で出会うためのメールテクニックや接し方

出会い系サイトや家出掲示板でも、時々家出少女たちを見かけることがあります。家出少女たちが最も表れやすいのは、家出掲示板である傾向があります。

掲示板だったら連絡先を交換したらすぐに密な連絡が取れることから、特に即会いが目的の人々に人気がありますが、家出する女の子たちもその気軽さや書き込んだ瞬間から多くの人々の目に触れることから、重宝されているようです。

やはりちょうどそのときに反応をしてもらいたいのなら、タイムリーに閲覧者が多い家出掲示板の方が沢山の人に見てもらえますし、出会い系サイトだと蜃気楼六社なら最初のうちは何もアクションを起こさなくても注目をしてもらえるかもしれませんが、時間がたつとともにドンドン埋もれていってしまいますし、注目度によって命がかかっている女の子たちにとってはあまり望ましいとは言えない状況です。

それに、家出掲示板では、現実でも広告を出しているところが多いですし、インターネットカフェに置いてあるような雑誌ならすぐに見つけられるでしょう。iede_2

家出少女が良そうな家出掲示板を探すには、まず彼女たちの目線に立って普段はどういう情報に触れているのかを想像してみましょう。

先程の例でいえば、たとえば家出少女たちの主な居場所といえば手ごろな料金でしばらく長居することのできるインターネット喫茶ですから、底での広告を日ごろからチェックしてみると良いわけです。

特に10代の多感な年ごろの子供たりはそんな広告にも影響されやすいですし、まだ社会経験も浅く正しい情報の見極めが難しいので、良さそうなサイトがあればすぐに登録をするでしょう。

何よりもピンチの状況ですから手段についても一一文句を行ったり不安に感じてしたりはいられません。

家出している女の子たちにとってはとにかく注目されやすいアピール手段が必要なわけですから、簡単に登録できてしかも広告にも掲載されているようなサイトだったらかなりチャンスがありそうに移るわけです。

そんな彼女たちを上手く誘うためには、親切さや気軽さをアピールするのが効果的です。

見知らぬ人に頼るにはやはり負い目や不安感がありますから、いつでも声をかけてくれても構わないというのがプロフィールで分かれば、少女たちも安心して向こうから興味を示して声をかけてくれるようになるでしょう。

出会い系サイトと同様にがつがつしないのもポイントです。

家出掲示板が家出少女を生み出すのは本当か?

家出をするときには、どういう心理が働いているのか、自分の若いころを振りかえてみてもピンとこない人もいるでしょう。

昔の子供たちと今の子供たちでは多感な時期であるのは共通していると思いますが、時代の変化や環境に合わせて価値観や感性などは大きく異なってきますから、大人になった今では少女たちの気持ちを理解するのは難しい部分も出てくるのではないかと思われます。

家出掲示板で家出中の不安でいっぱいの少女に接するときには、共感したりじっくり悩みを聞いてあげたりするのがポイントですから、事前によく現代の若者の心理についてとか、少女たちの繊細な環境についてじっくりと思いを巡らせてみると、仲良くなれるコツや上手く付き合える感覚が分かってくるのではないでしょうか。

まず家出をしているときに女の子が感じている不安は、本当に家族や友人にも頼れない全くの孤独な状況をひしひしと感じていることです。

まだ未成年なので社会で一人でやっていくためには経験も知識も不十分でもおかしくはないのですが、底で大人に素直に頼るのにも難しい心理状態にあるのではないかと考えられます。

18歳以上の女子であれば、そこらへんでアルバイトを探せば比較的簡単に何とか生活していける手段を得られるのですが、それでも社会に出たばかりで一人で生活していくのには何かと苦労しています。

仕事での給料もやはり能力面や実績ではまだまだなので、生活するのは十分とは言えない収入が得られないか、運が悪ければ仕事すら見つからなかったりして、生活さえもできない人も出てくるでしょう。

それが働く手段さえも得られない10代中ごろを超えたばかりの少女たちならなおさらの話です。

親元が家で飛び出したのは良いものの、やっぱり両親がいなければ自分だけではやっていけはしない、何もすることができないのだと痛感させられています。

とりあえず誰かに助けを借りなければ当面やっていくことはできないので、家出掲示板を通じて知り合うのでも良いから誰か候補を探し始めます。インターネットで家出掲示板などを通じて友人知人ができるのは当たり前の和解性大にとっては、家出さきで助けてくれる人すらも、たとえネットで知り合った相手であろうと比較的信用するのでしょう。あいてが知らない人でも一晩中路頭に迷うのはましという考えなので、少々のリスクも割り切っているのだと思われます。

家出掲示板の危険性

正規の手続きを踏んで、何ら悪さをたくらんでいない「家出掲示板」があったとします。

iede_3そういったサイトを男性が利用する場合、一般的に考えられる「出会い系サイト(系サイト?)の危険」は大きく軽減されることになります。それは当然でしょう。

何しろ、そういったサイトを利用することによって男性側に忍び寄る危険の原因のほとんどが、実は「サイト運営者」にあるわけですから。

ただ、どんなに健全な出会い系サイトであったとしても、サイトを利用する女性には少なからずリスクがともないます。

このケースのリスクは、サイト運営者からのリスクである場合ももちろんありますが、それ以上に、やはり「実際に出会った男性からおよぼされるリスク」ということになるでしょう。

ましてやそれが「家出掲示板」などであったとしたら、サイト運営者が云々というレベルでは語ることができないくらい、その手のサイトを利用する女性には大きなリスクが潜んでいるということになるわけです。

しかし、出会い系サイトの多くが「不健全な運営」であるという実質的な特徴を考えると、やはり「家出掲示板」の不健全性は、女性ならずとも、男性にも非常に大きなリスクが潜んでいると考えなければならないでしょう。

というのも、家出掲示板を利用しようとして、いろいろと手順を踏んでいくと、知らないうちに見知らぬ出会い系サイトの中に入ってしまうといった事態が比較的頻繁におこるといわれています。

もちろんそこには運営者側からの何らかの意図(多くの場合「悪意」)が含まれているということにほかならないでしょう。

また、一見サイト運営者には何ら問題ないように見えても、今度は利用している女性側(これはあくまでも「女性側」のユーザーであって、必ずしもそれが「女性」であるとは限らないことを意味します)から何らかの悪意を不当に向けられてしまうこともあるようです。

これは非常に恐ろしいことであるといえるでしょう。

そもそも「家出掲示板」の存在意義の多くは、その大義とは異なり、「男性が家出をするくらいの若い女の子とセックスをするためにサイト」であるという考え方が多くの場合当てはまってしまいます。

とすると、利用すること自体に非があるとまでは断言できるものではないにしろ、利用している男性からすると、やはり多少なりとも後ろめたい思いを強いられるところがあることは間違いないでしょう。

だからこそ、妙な被害を受けても、男性は何の対抗もできないまま泣き寝入りしなければならないことも珍しくないのです。

ページ上部に